« February 2005 | Main | April 2005 »

March 27, 2005

TREE CIRCLE 樋口一葉の暮らした街を訪ねて H17.3.6

KIF_1272KIF_1224KIF_1317KIF_1135KIF_113210336a2005年3月6日 樋口一葉の暮らした街を訪ねて


明治期の文壇の才女「樋口一葉」の暮らした町のひとつ「竜泉」界隈を散策致しました。明治29年、肺結核のために24歳の若さで此の世を去った一葉。其の短い人生の中で、彼女は「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」などの珠玉の作品を残し、それらの作品は現在も尚、多くの人々に深い感銘を与え続けています...。

三ノ輪駅に集合の後、昔の遊郭「吉原」正門にあたる「吉原大門」へ向かい、老舗の「伊勢屋」さんにて有名な天丼をみなさんと頂きました。(すごいボリュームでしたネ…)

此処「竜泉」界隈は、一葉が菓子・荒物屋を出していたゆかりの場所であり、「たけくらべ」のモチーフにもなっている。其の生涯の大半が金銭に縁の遠い人生であった一葉...。一枚の葉っぱに乗って渡ってきた「達磨」の古諺に因んで、「一葉」は「達磨さんも私も御あし(お金)がない」と、よく洒落ていたそうです。精一杯前向きに生きた彼女の人柄は、沢山の事柄を現代の私たちに教えてくれているように感じます...。

一葉を慕って、近所の子ども達がよくお店へ遊びに来ていたそうで、其の当時の光景がぼんやりと目に浮かんだ...そんな一日でした。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »