« July 2007 | Main | April 2008 »

August 31, 2007

TREE CIRCLE  『椿山荘』&『鳩山会館』の植物観察  H19.6.10

平成19年6月10日 『椿山荘』の庭園と 『鳩山会館』の薔薇たちrain

今回は文京区の植物名所めぐり①と題し、有名な「椿山荘」と「鳩山会館」を訪ねました。文京区に在る「鳩山会館」は、第52~54代内閣総理大臣を務めた「鳩山一郎氏」の邸宅であった場所。一郎氏が、無類の薔薇の愛好家であった事から、今でも美しい薔薇園が残されております。(^_^)

また「鳩山会館」の優雅な洋館は、一郎氏の幼馴染みでもあった「岡田信一郎氏」の設計です。岡田氏は、明治生命館や、筆者も小さな頃から親しみを持つ大阪中央公会堂、歌舞伎座、ニコライ堂の修繕などに関わった人物でもあります。

其処から、少し移動した場所には「山縣有朋」ゆかりの「椿山荘」(ちんざんそう)が御座います。何処から見ても絵になる、起伏に富んだ緑豊かで優雅な景観は、何度訪れても来園者を飽きさせませんね。

Chinzanso_1 Chinzanso_1_2 Chinzanso_2 Chinzanso_2_1 Chinzanso_2_2 Chinzanso_2_3 Chinzanso_2_4 Chinzanso_2_5 Chinzanso_2_6 Chinzanso_2_7 Hatoyama_1 Hatoyama_1_1 Hatoyama_1_2 Hatoyama_1_3 Hatoyama_1_4 Hatoyama_1_5 Hatoyama_1_6 Hatoyama_1_7 Hatoyama_1_8 Hatoyama_1_9


◆◆ 忘れな草の会 『ズーラシア』の植栽見学  H19.5.22

平成19年5月22日 忘れな草の会 『ズーラシア』の動植物たちを観察しよう♪

今回は、久し振りに横浜の市民講座を受講された皆さんを引率し、動物の楽園・ズーラシアを訪ねました。1999年4月にオープンした「よこはま動物園ズーラシア」。横浜動物の森公園内に開園してから、現在も其の規模・エリアを拡大している動物園です。

従来の動物園が、博物館的見地から各種動物を「種類別」に分類・展示した無機質なコンクリート壁や檻の中で、単に観賞するだけの「見世物的」なものであったのに対して、本園「ズーラシア」では「動物」と其の生息する「環境」、そして両者の「相互関係」等にも配慮がなされた「生態学的」な視点をも考慮しています。

より自然に近い環境を整備した『生態園』である事は、本園の特筆すべき特徴です。其の為、展示動物が林や岩陰に隠れてしまって様子を見る事が出来ない事も…。然し、広大な敷地には「世界の気候帯・地域別」に7つのゾーンがあり、生き生きとした沢山の動物達に出会えましたネ♪

各ゾーンを印象付ける植栽は、原産地・生息地の環境を考慮していますので、其の種類や特徴、性質などに触れてゆくと、非常に興味深いものが実感できます。(^_^-)

Zoorasia_1 Zoorasia_1_1 Zoorasia_1_2 Zoorasia_1_3 Zoorasia_1_4 Zoorasia_1_5 Zoorasia_1_6 Zoorasia_1_7 Zoorasia_1_8_2 Zoorasia_1_9_2 Zoorasia_1_10 Zoorasia_1_11 Zoorasia_1_12 Zoorasia_1_13 Zoorasia_1_14 Zoorasia_1_15

TREE CIRCLE  『東京みなと祭り』&『日本丸』見学  H19.5.20

平成19年5月20日 『東京みなと祭り・日本丸』 『トリトンスクエア』 『月島』界隈 散策

今回は、東京港・晴海埠頭にて催されるイベント「東京みなと祭」を見学に参りました。
昭和16年5月20日、東京の国際貿易港として開港した東京湾。此の「開港記念日」を祝して行われるイベントが、「東京みなと祭」になります。(^-^)

東京港は、15世紀に江戸城を築いた太田道灌が、江戸湊を開いて海上輸送を図ったのが始まり。江戸期には東京に幕府が開かれ、江戸庶民に必要な物資輸送上の拠点となり、亦、諸国間を結ぶ重要な「寄港地」としての役割を担いました。

江戸末期、「鎖国」状態が崩壊し、「日米和親条約」(神奈川条約)が締結され、其の5年後に「横浜港」が国際港として開港します。然し、「東京港」が国際港として開港するのは、関東大震災を契機に港湾整備の重要性が認識されてからの事で、現在は「日本三大旅客港」に数えられます。...と云った歴史のお話も興味深い訳ですが、見学の後に訪ねた「月島」での「もんじゃ」、美味しかったですね~♪ (笑)

Minamatsu_1 Minamatsu_1_1 Minamatsu_1_2 Minamatsu_1_4 Minamatsu_1_5 Minamatsu_1_6 Minamatsu_1_7 Minamatsu_1_8 Minamatsu_1_9 Minamatsu_1_10 Minamatsu_1_11 Minamatsu_1_12 Minamatsu_1_13 Minamatsu_1_14 Minamatsu_1_15 Minamatsu_1_16 Minamatsu_2_1 Minamatsu_2_2 Minamatsu_2_2_2 Minamatsu_2_4

« July 2007 | Main | April 2008 »